2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.09.27 (Sun)

<北朝鮮>あまりに劣悪な水道事情 供給一日1~2時間も錆、悪臭、発癌物質検出も

マルチドメイン対応、ビジネス仕様 高性能レンタルサーバー 【シックスコア】
↓↓↓
http://mam.pw/a/lkhb62ju


北朝鮮各地で、今年に入って干ばつや水害が繰り返されているが、アジアプレスでは、、住民の生活用水の実態調査を北部の咸鏡北道会寧(フエニョン)市で実施した。その結果、水道水がまともに供給されていないだけでなく、その水質が飲用にまったく適さないほど劣悪で、発ガン物質まで混ざっていることが分かった。(カン・ジウォン)

アパートの住民たちが専用井戸で水を汲んでいる。他の住民が利用出来ないように鉄製の蓋が設置されている。

咸鏡北道会寧市の水道水の事情を調べたアジアプレス取材協力者は、8月30日の電話で「食糧に劣らずに飲用水事情も非常に深刻だ」として、次のような報告を伝えてきた。

「水源池の管理がまともにできていないうえ、水道管の老朽化で真っ赤な錆色の水が出たり、ひどい消毒薬の匂いがする水が供給されている。

しかも(電力難で)水圧が弱く、アパートの3階以上に住む人々は、1階まで降りてきて水を汲んでいくしかない。そんな水道も一日に1、2時間ほどしか出ない。最近の水質調査で、腫瘍成分(※発癌物質の意)が出たが、国からは特別な対策もなく住民はそのまま飲んでいる」
と衝撃的な実態を伝えた。

北朝鮮の水不足と水質悪化は昨今始まったことではなく、住民たちの不満は以前から絶えなかった。

脱北者である筆者の記憶でも、2006年から2009年まで、咸鏡北道清津市の水供給の実態は情けないほどだった。私の住んでいた5階の部屋には水道が上がってこないので、1日に1‐2時間の限られた給水時間になると、家族全員が1階から5階まで桶で水を運んだ。

しかも冬になると水道管が凍って破裂し、水が出なくなることがある。そんな時は近くの川に行って飲み水を運んできた。洗濯も川で済ませていた。

前述の取材協力者は
「水源池の管理悪く、少しの雨が降っても泥水になり水質が悪化する。すると、水源池に消毒薬をまいて供給するのたが、匂いがひどく、汲んだ水を一日置いておかないと飲めないほどだ」
と述べる。

「そんな水を飲んで病気になる人はいないか?」
という記者の質問に対し取材協力者は

「消毒薬の匂いがしたり、発癌物質が含まれていたりしても、それを飲むしかないのだ。国が住民の水問題に無関心だから、危険なのを知りながらも、慣れてしまって(危ない水を)受け入れている」
と吐露した。

1/2ページ



引用:<北朝鮮>あまりに劣悪な水道事情 供給一日1~2時間も錆、悪臭、発癌物質検出も


■いくらダイエットしてもお腹の脂肪が落ちない
■腹筋をどれだけ鍛えても腹筋が全然割れない
こんな方にお勧めのダイエット
↓↓↓
http://mam.pw/a/1jnliz

====================================

スポンサーサイト
05:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aicastle.blog.fc2.com/tb.php/570-6de91e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |