2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.31 (Fri)

スイカは水分補給だけでなく、血管の病気の予防も期待できる?

インターネットビジネスの中で、
一番継続的で高額な報酬を得ることができる
リストマーケティングを多くの方に実践し、
稼いでもらいたい。
http://mam.pw/a/8t7fhap


 7月27日はスイカの日。由来は、スイカの生産グループがスイカの縞模様を綱に見立て、27を「つ(2)な(7)」と読む語呂合わせで制定したと言われています。

 スイカの英名は「watermelon」ですが、その名の通り、スイカの果肉の成分の約95%が水分で、このうち4~6%が糖分です。

 スイカには水分だけでなく、リコピン、カリウム、シトルリン、βカロテンなど、私たちの体に良い影響を与えてくれる成分が豊富に含まれています。スイカを食べることでどのような効果が期待できるのでしょうか?

●カリウムやシトルリンの効果

 果皮や果肉には、シトルリンというアミノ酸が、果肉や種子にはミネラルの1つカリウムが含まれています。これらはともに利尿作用があり、利尿によりむくみをとる効果があるとされています。

 カリウムは体内の余分なナトリウムの排出や高血圧予防に関わっていると言われています。また、以前にMYCODEトピックスでご紹介しましたが、カリウムを多くとっている人は少ない人よりも脳卒中になる可能性が低くなるという研究結果が報告されています。

ラットでスイカの効果を実証

 赤肉スイカの色素に含まれているリコピンは、抗酸化物質の1で、活性酸素による細胞やDNAのダメージを抑える働きがあります。

 ラットを用いた研究ですが、スイカの効果を調べた研究があります。米国の研究グループは、ラットにスイカパウダーを与えた時の脂質や炎症、抗酸化能力に対する効果を調べました。

 その結果、スイカパウダーを含んだエサを食べたグループは、スイカパウダーを食べていないグループより血中の中性脂肪やコレステロールが低いことが分かりました。

 人工的に炎症を起こしたラットにスイカパウダーを与えた場合、炎症の症状を調べるC反応性蛋白の値も低くなることが明らかになりました。

 さらに、スイカパウダーを食べることにより、ラットの抗酸化能力が高まっている可能性も示されました。

 以上のように、スイカには中性脂肪の蓄積や炎症、酸化ストレスによる障害を抑える効果が期待できるようです。スイカはそのまま食べるというイメージが強いですが、意外にもいろいろな料理に応用できるようです。暑い夏にスイカを食べて、ひとときの涼を感じてみてはいかがでしょうか。



引用:スイカは水分補給だけでなく、血管の病気の予防も期待できる?


==================================== 1日わずか「10分」で毎月70万円稼ぐ、夢のFXツール! FXスキャル・パーフェクトシグナル ↓↓↓ http://mam.pw/a/1z7jzuro ====================================
スポンサーサイト
21:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aicastle.blog.fc2.com/tb.php/511-570e263d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。