2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12.04 (Mon)

診療拒否について苫小牧市と阿部愛奈美のやり取りの経過

苫小牧市長宛の初回のメール 3月30日 苫小牧市市長 櫻井 忠殿 真摯な市政へのおとり組感謝しています。 私は性同一性障害当事者で阿部愛奈美と申します。 病院の診療拒否について市長のご意見と見解、対策をお伺いしたくメールさせていただきました。 私が直面してしまった以下の件について苫小牧市市長としてのお考えをお伺いできれば幸いです。 お忙しい中恐縮ですが、宜しくお願いいたします。 私は性同一性障害の治療で女性ホルモン治療を2001年5月から同一病院で行っています。その後専門医療機関である札幌医科大学付属病院(以下、札医)のGIDクリニック専門科開設後は札医を受診し、性同一性障害の診断書も頂き、現在は性別再判定手術(以下、SRS)のために通院しています。札医にて性同一性障害の診断書を頂いた時点でこの病院に医療紹介状を提出して、それらに基づいて女性ホルモン治療をおよそ一週間に一度の割合で自費診療を続けてきました。 しかし、3月25日の受診日に突然看護師から病院の都合でお薬の仕入れを行わないために次回からホルモン療法を継続できない旨通達され、その場でそれはおかしいのではないかと詰問し、その後病院の理事長とお話しましたが、公的病院か専門医療機関で診療を続けてくださいの一点張りでお話が先に進めない状態でした。私はその専門医療機関からの紹介状を元にその病院で治療を継続していたために納得できるはずもありません。 また、他の医療機関通院のために現在までの私自身の個人データーのコピーを請求しましたが棄却(閲覧は許された)され、医師と数十分押し問答のあげくに当院では今後診療を続けていくことが出来ない旨通告され、他病院の紹介をお願いしたが、他病院への紹介は私の方からの提案で高額な紹介状料を請求すると言われ、病院側の一方的な診療拒否通告でそれはおかしいと反論すると、他病院へ電話で理事長自らお問い合わせし、その結果をご報告いただくことになり、数日後電話にてご報告いただきましたが、市内の病院ではお引き受け下さるところがないというお返事でした。 またこの理事長とお話ししたときに、私の提案として個人輸入による注射薬を入手しそれを持ち込んで診療を続ける事は可能かとの質問に対しそれは可能であるが、私が国内で自力で購入するか?或いは、私がその病院を通して全額前金で購入するか?又は、病院取引先から病院側が薬剤を仕入れ、仕入れた分の全額を私が前払いすることで良いのなら今後も治療継続が可能ですとのお答えに、ではその薬剤単価と最低仕入れ個数(数量)はどの程度かとの問いにお答えいただくことが出来ませんでした。このことは私としては不信が募るばかりです。薬剤の法的規制と薬剤の流通約款などにより私が必要とする薬剤を個人では購入できないことも医師はご存じのはずですし、大量の薬剤を一度に私に買わせることにより、金額的負担に耐えられずに診療をあきらめるだろうという私の憶測が働いても不可思議ではないと思います。 その理事長が特にお勧めで、私が期待した公立の市立病院での診療も薬剤がないとのことで診療を引き受けられないとのお返事でしたから、後日市立病院へ赴き、この点について問いただしてみましたところ、事務局員が応対に出てくださり、2時間ほど議論いたしましたが埒があかず、担当医師と院長の見解を元に再びお返事いただくこととなり、その後、お電話でお返事を頂きました。しかし、院長や医師のお返事も院長と医師の判断で私一人のために薬剤を仕入れ、私に対する治療は行えないとのお返事でした。 さらに3月30日次回の診療時期が迫り、対応してくださる病院も見つからず(今回はあまりの急な出来事にGIDクリニック始め私が対応できる範囲を超えています。)私が通院している病院の理事長へ再び電話にて薬剤の在庫確認と診療の依頼を行ったところ、在庫はかなりありますが、3月31日をもって薬剤問屋(又は製薬メーカーか?)に返品するというお答えでした。(これは完全に診療拒否ではないのか?)このため31日までは診療が可能だがその後の診療は薬剤を製薬メーカーに返品するために治療は不可能とのお返事でした。私は困り果てて取りあえず1回分のお薬を確保していただくようにお願いし、4月1日受診予定分のお薬を確保いただくことはお約束下さいました。 私はおよそ月に4本ずつこのお薬を使用しますし、プロギノンデポー製造元の富士製薬工業株式会社や市内各薬問屋さんにお問い合わせしたところ、病院ではこれらのお薬は10アンプル1箱単位での仕入れが可能なはずとのお返事でした。10アンプルですとおよそ2ヶ月半から3ヶ月で使用しきってしまう数量で、病院側が言うような在庫による経営圧迫は無いものと考えられます。 市立病院でも私が受診している婦人科でも、私がホルモン注射を休むと私の体がどのような状態になるか説明し、生活に支障を来す(女性の更年期様症状が強く出て生活に支障を来す)ことを訴えたにも拘わらず、(私が通院していた医師はこのことについてはご存じのはずと思います。)なぜ私が必要とするお薬を購入できないのか?また、なぜこの様な理由をつけて診療拒否するのか理解できずにいます。また、この様なこれらの診療拒否は医師の患者に対する 医師法 第1条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。 第19条 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。 にも抵触するのではないかと考えられます。 私としては『性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律』でも認められた診療にも拘わらず医療側がなぜ私たちを排除するのか?納得できるお返事を頂きたいと思います。 この様な医療現場での診療・受診拒否は大きな人権問題ではないかと思います。 宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
03:34  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。