2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.12.13 (Wed)

牧師さんと楽しい宗教談義

昨夜、知り合いの牧師さんが愛奈美の家を訪問されました。 愛奈美は手術後の体調の悪いときで、何のお愛想も出来ずにすみませんでした。 牧師さんは愛奈美に幾ばくかの興味がある様子で、時々愛奈美を尋ねてくださいます。 いつも、ほんの20〜30分の予定で来られるのですが、 話に花が咲き、2時間〜3時間程度になってしまいます。 この牧師さんは、愛奈美を宗教に勧誘するために、 尋ねてこられるわけではありませんので勘違いなさらずにお願いいたします。 この牧師さんとは宗教的なことをいつも話し合っています。 そもそもの論議から、成り立ち、現在の状況まで、話題は様々です。 愛奈美は特に考えを纏めているわけでもありませんし、宗教的な勉強をしたこともありません。 しかし、お互いに考えを述べ合い交流が深まっています。 愛奈美が感じているものは天からの啓示ですから、漠然としたものです。 愛奈美が幼い頃から求めて止まなかったもの、 「自分はどこから来て、何処に帰って行くのだろう」に、40代前半に天啓が有ったように思います。 愛奈美がこの問の答えを得るまでに30数年間もかかったことになります。 そのご、 愛奈美の過去生の夢を何度も見るといったことも起こっています。 愛奈美の過去生は全て女性だったようです。 何故、現世だけが男性で、しかも性同一性障害なのだろうか? このことに、深い意味があるのだろうか? そして、遠い過去に愛奈美が女王だった夢は本当なのだろうか? 映画やテレビで見たものとは異なっている、 この夢は初めてのシーン、脳裏に焼き付いている祭司のシーンは・・・? 宗教家の皆さんは一様に愛奈美の天啓について興味がおありのようです。 各宗派の方々からお誘いが有りますが、愛奈美は全てお断りし、 お誘い頂いた方々とはその後お会いすることはありません。 この牧師さんは例外的にお付き合いが続いています。 互いの考えや主張は平行線でも、たまに、宗教談義も楽しいものです。 そして、一番重要なことは始祖、開祖と言われている方々が民衆に何を訴え、何を教えたかったのかと言うことでしょう。現在の宗教家の皆さんは、開祖の原点に立ち返ることが求められているのではないでしょうか? 皆さんも、「本当の宗教とは何か?」と、思考を巡らしてみると良いかもしれません。
スポンサーサイト
10:04  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |