2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.02.06 (Tue)

息子と病気

昨日の愛奈美は・・・ 息子が所用で尋ねてくることになっていたので気が張っていた。 体調もとても悪化していたが、お薬を飲んで、気を引き締めて息子を待っていた。 到着時間を予測して、息子からの連絡を待たずに駅にお出迎え。 しかし、息子は高速バスで来たのでタイムラグが40分ほど出てしまった。 息子の所用を済ますために苫小牧市役所へ。 一旦愛奈美の家により、時間などを考慮して、 愛奈美が一日息子のアッシーちゃんを務めることになりました。 始めて尋ねる息子の新しいアパート・・・ 一人住まいで汚しているお部屋。 お掃除をしてあげたかったけれど、時間が迫っていました。 病院の受付時間までの間だ、生活に足りないものを買ってあげ、 久しぶりに息子とスパーでお買い物を楽しみました。 何もないところからの生活。 今、一人で頑張っている息子!! 離婚後の十数年前の自分を思い出していた愛奈美。 あのときは愛奈美もその日の食費にも事欠く毎日だったわ。 食事は一日一食に抑え、欲しいものも買えない日々だった。 お部屋の中も殺風景だったわ。炊事道具すらなかった日々よ。 そんなことを思い出しながら息子と過ごした数時間でした。 取りあえず食料を買ってあげ、お金も少し持たせたわ。 病気の治療費や若干の生活費よ。 これで、今月を凌いで、何とかやり過ごし、普通に生活していってくれること願っているわ。 親ばかな愛奈美だけれど・・・ お金がなくて病院へも行けない息子を助けてあげたかったの。 愛奈美は活動の一環として様々な人達の生活を支援してきたわ。 愛奈美の子供を支援せずして、他人の支援は出来ないわ。   帰り道、愛奈美の症状は悪化していたわ。 車の運転も辛かった。お腹の調子が本当に悪かったわ。 愛奈美は自宅に帰る元気もなく、 電話連絡をして、お友達の処へ向かいました。 温かく迎えてくれたお友達は夕食を準備してくれたわ。 お風呂も使わせていただき、お友達のお部屋にお泊まりさせていただきました。 お友達の気遣いで、愛奈美は久しぶりにゆっくり過ごした感じです。 お布団に入るまで、愛奈美の身体は最悪のコンディションでした。 翌朝、お友達はお仕事に出かける前の忙しい時間でしたが、 朝ご飯を用意してくださり、暖かい朝ご飯を食べて愛奈美は自宅に帰ってきました。 お友達の優しいお心に感謝いたします。ありがとう。 愛奈美は幸せですね。 今回の病気で、愛奈美を気遣って駆けつけてくれたお友達。 昨夜泊めてくださったお友達。 この恩を愛奈美は何時お返しできるでしょうか? 一人暮らしの愛奈美にとって、本当に心温まる嬉しい出来事です。 人の温かさ、心の温かさを身をもって感じた数日でした。 自宅に帰ってきた愛奈美ですが・・・体調はあまり思わしくないわ。 早く直してお仕事に復帰しなければならないですね。 集荷の電話も入っていますが、今回の病気で延び延びになっています。 取引先の皆さん、<m(_ _)m>ごめんなさい。 今日は自宅でゆっくり養生して、身体の回復を待つわ。
スポンサーサイト
11:58  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |