2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.07 (Wed)

国民投票法案強行単独採決か?!

今日のニュースを見ていると安倍首相は自信の憲法改正論を優先させるために強行採決を諮ろうとしているように見えるが・・・! 小泉さんでも憲法改正に対して国民の意識が高揚していないので時期尚早とアメリカに対して一蹴しているというのに、安倍首相は岸首相の怨念のごとく憲法改正に拘り続ける目的は何処にあるのだろうか?今なぜ、そんなに急いで憲法を改正しなくてはいけないのか?国民に対する疑問に何ら答えていないと思う。 憲法改正を行うための手続き、国民投票法案強行単独採決か?! asahi.com:朝日新聞(詳しくは以下URLで) http://www.asahi.com/politics/update/0307/003.html 国民投票法案、月内に衆院通過の方針 与党、単独採決も 2007年03月07日06時08分  自民、公明両党は、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について与党単独で修正して今国会に提出し、単独採決も視野に入れて今月中の衆院通過をめざす方針を固めた。民主党との共同修正案の提出を模索していたが、民主党が応じない方針に転じたため、与党単独での提出もやむを得ないと判断した。ただ、参院審議は民主党との対決姿勢が鮮明になったことで波乱含みの展開となりそうで、今国会で成立するかどうかは未知数だ。  安倍首相は、参院選で憲法改正を争点にすると明言。憲法記念日の5月3日までの同法案の成立をめざすと表明した。首相の意向も踏まえ、衆院憲法調査特別委員会の中山太郎委員長(自民)は6日、自民党の保岡興治・同委筆頭理事らと協議。民主党の合意を得られなくても、8日に委員会を開き、15日の公聴会開催を決める方針を確認した。 MSN-Mainichi INTERACTIVE:毎日新聞(詳しくは以下URLで) http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/p20070307k0000m010160000c.html 国民投票法案:8日に審議再開 23日衆院通過目指す  与党は民主党を含めた共同修正案提出を模索。幅広い賛成を重視する公明党に自民党が配慮したもので、与党案で「20歳以上」とした投票権者の年齢を民主党の主張に配慮して「18歳以上」に引き下げるなど、民主党の主張を大幅に取り込んだ修正案を提出する方向で調整を進めている。  ただ、投票対象を憲法改正に限定した与党案に対し、民主党は「国政の重要問題も含めるべきだ」と強く主張しており、「これ以上の譲歩は難しい」(自民党理事)との見方が強まっている。
スポンサーサイト
17:39  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。