2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.18 (Sun)

市民団体が北陸電力へ申し入れ

以下、転載します。 3/16石川県の8つの市民団体が北陸電力へ申し入れ たんぽぽ舎です。【TMM:No440】                        転載歓迎です 原発最大の事故が8年前に起きていた北陸電力・志賀原発での臨界事故の重大性原発はウソとデータ改ざんでしか運転できない証明 石川県の8つの市民団体が北陸電力へ申し入れ書を提出「臨界事故隠しは重大で悪質、時効逃れ」「原発を運転する能力・資格があるのか疑わしい」 以下、石川県の8つの市民団体代表が3月16日に北陸電力へ申し入れた全文を紹介します。ご参考になれば幸いです。 ────────────────────────────── 北陸電力株式会社 社長 永原 功 様                    2007年3月16日        能登原発差止め訴訟原告団代表   堂下健一        命のネットワーク代表       森下 正        羽咋都市勤労協連合会会長     小松英機        志賀町勤労者協議会会長代行    比良 保        ふるさとを守る志賀町民の会代表  中町良雄        原発震災を案じる石川県民・世話人 中垣たか子        北陸電力と共に脱原発をすすめる株主の会代表                         八嶋 博        日本消費者連盟富山グループ            申 入 書  99年6月18日未明、当時定検中だった志賀原発1号機で制御棒89本のうち3本が抜け落ちて核分裂反応が起き、制御不能のまま臨界状態が15分間も続く重大事故が発生していたことが、昨日15日、明らかになりました。県や関係自治体への連絡は全くなく、事故の記録も残されなかったといいます。商業用原発では初めての臨界事故であり、同年9月の東海村JCO臨界事故に先立つ臨界事故だったにもかかわらず、貴社は約8年も事実を隠し続けてきたというのです。  貴社は、「隠ぺいは現場(所長と部下など関係者)で決め、本社トップは関与していない」と説明していますが、こんな重大な事態が現場だけで判断し決定できるとは、到底信じられません。この期に及んでなお、責任逃れとトカゲの尻尾きりを図ろうというのでしょうか。だれが考えても3ヶ月後に控えた2号機の建設を何としてでも進めねば、という経営トップの意思が、この隠ぺい工作の背景に あったことは明らかです。  事態は従来の事故やトラブルとは比較にならない、原発の安全の根幹にかかわる深刻な事故です。1号機、2号機の相次ぐ事故やトラブルは、貴社が品質管理や安全管理に対する初歩的ミスをチェックできず再発を重ねてきたものです。貴社に原発を運転する能力・資格があるのかを疑わせるものでした。しかし、今回の隠ぺいは、そもそも「安全第一」という貴社の主張がウソだったこと、タテマエに過ぎなかったことを示しています。  原発の安全に対する貴社の姿勢の根幹が問われています。1号機の運転停止はもちろんのこと、2号機を応急対策で運転再開することなど最早許されません。 私たちは、貴社が石川県、志賀町をはじめとする関係市長、県民全てに謝罪した上で、巨大な不良債権になってしまった志賀原発から撤退することを求めます。 ──────────────────────────────  ※なお、山崎久隆さんの解説記事(原発最大の事故−志賀原発で臨界事故)は、「原発いっしょになくそう よせあつめ新聞」の3月前半号−3/20編集日−に掲載される予定です。   合わせてご参照下さい。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  たんぽぽ舎では、急ぎの催し物・学習会、重要な情報や大きな問題への見解などを敏速に多くの人たちへお知らせしたいと考えています。  環境問題と原子力の問題(究極の目標は核の廃止)を追求するたんぽぽ舎の最新の活動案内・情報・見解等をお送り致しますので、ごらんいただくと幸いです。  この「お知らせメール」送付不用の方は、ご面倒をおかけしますが、ご返信願います。  次回からリストよりはずさせていただきます。 ※メールでたんぽぽ舎へ問い合わせされる方への要望です  電話(又は携帯)番号もご記入下さい 理由: ◎たんぽぽ舎の活動が広がり、歴史を重ねるにつれ、色々な問い合わせが増大しています。たんぽぽ舎のスタッフも多くないので、その対応に苦慮しています。メールだけでしか返事ができない場合は、返信メール作成などに時間がかかることもあります。 ◎電話でご返事した方が早くかつ意思も伝わりやすい場合も往々にあります。 ◎お手数ですが、たんぽぽ舎へのお問い合わせメールには、電話(又は携帯)番号もお知らせいただくよう、ご配慮願います。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   たんぽぽ舎    たんぽぽ舎は、月曜〜土曜−            13:00〜20:00のオープンです。            日曜・休日は、お休みです。    〒101-0061    東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F    TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797    HP http://www.jcan.net/tanpoposya/hyoushi.htm
スポンサーサイト
06:43  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。