2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.03.21 (Wed)

『スーパー・ノート』偽造ドル紙幣はアメリカ製か?!

アメリカの世界戦略の一環として情報操作があると愛奈美は考えている。イラクの時もそうでしたが、北朝鮮の問題も非常に疑わしいと思っていましたが、もし北朝鮮の偽造ドル紙幣問題がアメリカの画策だったとしたら大変なことだと思う。 この様な裏工作を行い、マスコミを操作した強引なアメリカのやり方、押しつけ政策が何故世界から非難されないのか?その裏で何が起こっているのか?世界の舞台裏では、フリーメーソンが暗躍しているのだろうか?それらの影響を日本も受けているのだろうか?日本の歴代首相の中にもフリーメーソンだった方がいたとネットで見た記憶がある。 世界は今アメリカの政策に操られたゆがんだ方向へと向かっているのではないだろうか?その裏には何があるのか?アメリカの選民思想が暗躍しているのだろうか?そうだとすれば非常に危険な未来に向かって世界は動いていることになるのではないだろうか? アインシュタインが羽田で言った「世界の宗主国日本。世界で最も尊い国」の意味は何なんだろうか?現在の世界が戦争(兵器を使った紛争)という破壊行為に向かい、また、地球温暖化などの環境破壊がスピードを増して進行している現在は、このまま未来に向かって進んで良いのだろうか? 世界の政界の裏で、今どんなことが行われているのだろうか? 日本の政界の裏話の一端を下記サイトから若干伺うことが出来るのではないか?田原さんが言っていることの裏にあることを考えてみたい。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− nikkei BPnet 田原総一朗の政財界「ここだけの話」 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index.html 第3回 日本の行く末を左右する安倍・中川不仲問題の全真相 2007年3月15日 今、ほとんどの新聞やテレビで安倍普三首相と中川秀直幹事長との間の溝がどんどん広がっていると報じている。まるでマスメディアが安倍と中川が分裂するのを歓迎しているようにも見える。実はこの問題を安倍首相も中川幹事長も深刻に受け止めている。 清和会分裂のころからの確執 もともと安倍首相と中川幹事長はキャラクターが違う。 中川幹事長は新自由クラブ出身だ。新自由クラブというのは、河野洋平さんを中心に田中角栄の金権政治を嫌がって分かれてできた新党で、そこに彼は入った。ここから自民党に入党し、森派に入ったわけで、最初からの生粋の自民党員ではない。 自民党で一番嫌がられるのは、自民党にいて一度抜けてまた戻ってくる人。船田元や太田誠一など色々な人がいるが、現に、戻ってきた人で優遇されている人はほとんどいない。そういう意味では中川さんも新自由クラブ出身だということで、自民党の人たちは「俺たちとちょっと違う」という意識がある。よそ者意識とまではいわないが、純粋の自民党員ではないんだ、と見ている。 亀井さんに土下座して泥かぶった安倍首相 靖国参拝でも意見が分かれる http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index1.html 「麻生太郎を幹事長にしたい」 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index2.html “左シフト”戦略が二人の関係に亀裂生む http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index3.html タカ派色を鮮明にした安倍首相 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index4.html 右寄りの安倍チルドレンも中川はずしを画策 http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index5.html 六カ国協議で日本が孤立する可能性も http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index6.html 事実関係は未確認ではあるが、1月8日(速報は7日付)、ドイツのフランクフルトで最大の部数を誇るフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)紙に、著名なクラウス・W・ベンダー記者の「『スーパー・ノート』偽造ドル紙幣の秘密」と題する記事が掲載された。今話題の北朝鮮のスーパー・ノートという偽ドル札が、実はアメリカ製であるという記事だ。偽造紙幣問題に詳しい経済専門のベンダー記者が、「こんな精密な偽札をつくる技術は北朝鮮にはない」と書いている。 僕も読んだが、これは相当のリアリティがある。もしかすると、このことがわかってアメリカは北朝鮮に対してどんどん妥協しているのではないか。北朝鮮の偽ドルが大問題ということでアメリカも金融を凍結したわけだから、偽ドルがもしアメリカ製だったということになると、これは大変なことだ。 安倍と中川という絶妙なバランスを維持せよ http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070315_3rd/index7.html
スポンサーサイト
05:57  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |