2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.03.24 (Sat)

北朝鮮の情報操作、偽ドル疑惑逆手に米国揺さぶる。

3月21日日にポストした 『スーパー・ノート』偽造ドル紙幣はアメリカ製か?!  についてその後の動きを追ってみました。様々な意見のある中でFujiSankei Businessサイトを紹介したいと思います。かなりの説得力のある記事と思います。 世界では情報戦が常に戦われています。 マスコミを操作し、自国の利益のために偽りの情報を流す。 これは各国の諜報機関が常々行っている手法の一つですね。 情報戦に隠れてしまった本当の真実は何処にあるのでしょうか? 皆さんも物事の2面性、ニュースの表と裏を考えてみてくださいね。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− FujiSankei Business i. 2007/3/22 http://www.business-i.jp/news/sato-page/rasputin/200703220005o.nwc 北朝鮮の情報操作 偽ドル疑惑逆手に米国揺さぶる  北朝鮮が情報操作(ディスインフォメーション)を強めている。世界で最も情報操作工作が巧みだったのは旧ソ連だ。ソ連の情報操作の特徴は、まず偽情報を西側の、それも反ソ的な新聞につかませる。その後、その記事をソ連国営タス通信やソ連共産党機関紙『プラウダ』が転載し、全世界で騒音を掻きたてるという方法がとられた。マネーロンダリング(資金洗浄)に似たインテリジェンスロンダリング(情報洗浄)を行ったのである。北朝鮮の情報操作はソ連方式を踏襲している。 もっともわれわれ日本人は幸運だ。小説という形態であるが手嶋龍一氏の『ウルトラダラー』(新潮社)を読めば、北朝鮮がアメリカ造幣局の特殊用紙をどのように盗み、ドイツ製印刷機を中国経由でどのように手に入れたかなどの秘密がわかる。
スポンサーサイト
06:15  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |