2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.11 (Wed)

27ヵ国もある軍隊のない国〜〜前田朗さん講演会のお知らせ

【転送転載歓迎】 前田朗さん講演会  「27ヵ国もある軍隊のない国」    ー憲法第9条の現代的意義ー 軍隊のない国が、世界に27ヶ国あるのをご存知ですか? 軍隊を持たない27ヶ国の歴史と現状報告をもとに、 日本の憲法第9条を考えます。 ■ 講師  前田 朗(まえだ・あきら) 1955年札幌生まれ。東京造形大学教授(専攻:刑事人権論、戦争犯罪論) 日本民主法律家協会理事、イラク国際戦犯民衆法廷ICTI共同代表、 RAWAと連帯する会呼びかけ人、八王子憲法9条の会呼びかけ人。 入場カンパ: 500円 日時: 4月12日(木) ■ プログラム  18:00 開場  18:30 報告:「日本の憲法の現状」       石村善治(福岡大学名誉教授)  19:00 前田 朗 講演    「憲法第9条の現代的意義      −軍隊のない国家を訪ねて」  20:45 終演 ■ 場所  カテドラル大名町 カトリック教会1F講堂  福岡市中央区大名2-7-7(西鉄グランドホテル前) 地図はこちら → http://fcsf.web.infoseek.co.jp/tizu.html   西鉄福岡(天神)駅、地下鉄天神駅から徒歩5分   西鉄バス「西鉄グランドホテル前」下車すぐ 主催: NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム」代表:青柳行信 共催: WE Love 9条 市民ネットワーク・福岡/念仏者九条の会・福岡      JCJ(日本ジャーナリスト会議)福岡支部/くまのみの会      福岡地方バプテスト連合社会委員会/ネットワーク コスモポリタン      核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡/明日のアジアにかける橋・九 州      沖縄とむすぶ市民行動・福岡/カトリック福岡地区正義と平和協議会      戦争への道に反対する真宗者の会/ファスレーン365日本実行委員会  六本松9条の会/平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡   長住九条の会/福岡YWCA九条の会 /子どもを戦場に送らない!9条 の会ふくおか    福岡県保険医協会/PP21ふくおか自由学校   (順不同 共催募集 中) 連絡先:tel/fax 092(621)6211(青柳)y-aoyagi@r8.dion.ne.jp 軍隊のない国家を知っている憲法学者はほとんどいないため、 この話をできるのは前田明さんしかいません。 前田明さんのコメント 「すでに20カ国の軍隊のない国家を訪問調査してきました。 日本は戦力不保持の憲法9条を持つ国ですが、私はいま、その世界史的意義・今 日的意義が語られる必要があると思っているんです。  日本国憲法が施行されて60年になろうとしていますが、憲法を守ろうという人 たちが語っていることの多くは60年前に公布された憲法9条の意義であって、そ の今日的意義ではないんです。近代国家にとっては60年という年月は長いんです。 憲法9条が公布されてから60年を経た、2007年時点におけるその意義が語られる べきです。  いま世界には200近い国、あるいは政治単位があります。その中で、日本で60 年前に公布された憲法9条は注目されるものですが、コスタリカも憲法で常備軍 を持たないことにしましたし、いま世界には軍隊のない国が27あるんです。戦力 不保持というのは、国として非常識だと思われがちですが、決してそうではない んです。私が軍隊のない国を紹介しているのは、そのことをお伝えしていきたい んです。  それは、憲法9条を日本が活かし、日本と世界の平和のために貢献する道を探 ることでもあります。1947年に日本国憲法が制定されたわけですが、その後国際 社会に憲法9条の考え方がどれだけ広まったのか、あるいは広げるためにどのよ うな努力がされたのか、というようなことが検証されるべきです。現在軍隊のな い国は27ですが、もっと増えていてもおかしくなかったんです。  加えて言うならば、各国の軍隊の規模や軍縮への努力も検証される必要があり ます。実は世界各国の軍事費の60%はアメリカをはじめとする軍事大国上位10カ 国で占められているんです。27カ国は軍隊を持っていませんから軍事費はゼロで す。注目していただきたいのは、残りの100カ国以上はそれぞれ世界の軍事費の0. 1%以下の軍事予算しか持っていないんです。それは日本の警視庁の予算にも満 たないんです。世界の圧倒的多数の国は軍隊を持っていても、それは警視庁の予 算にも満たない程度だったりするのです。  戦力不保持と軍縮が世界各国でどのようにすすめられているのか、日本はその ために何をしてきたのか、ということも検証されなければなりません。」 主要著作 (単著) 『鏡の中の刑法』(水曜社、1992年)、『平和のための裁判』(水曜社、1994年、 増補版2000年)、 『戦争犯罪と人権』(明石書店、1998年)、『人権ウオッチング』(凱風社、 1998年)、 『戦争犯罪論』(青木書店、2000年)、『ジェノサイド論』(青木書店、 2002、『刑事人権論』(水曜社、2002年)、『民衆法廷の思想』(現代人文社、 2003年)、 『侵略と抵抗――平和のための戦争犯罪論』(青木書店、2005年)、 『市民の平和力を鍛える』(K.I.メディア、2006年)
スポンサーサイト
06:40  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。