2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007.06.27 (Wed)

第3回北海道ウーマンズ・ウィークエンド

第3回北海道ウーマンズ・ウィークエンド http://www.geocities.jp/hwwe2005/link.html .。.・:*: ☆ .:*:・
スポンサーサイト
関連記事
05:36  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.27 (Wed)

全身に湿疹が・・・

北海道も気温も高くなり初夏の季節ですね。 21日頃から私の体に湿疹が出始め、24日は全身に広がっていました。 25日に皮膚科を受診しましたが・・・原因は分からず! 飲み薬と軟膏で一週間ほど様子を見ることになりました。 医師が言うには、 この湿疹は原因の可能性として「ホルモン投与」の影響から来るのではないかとのこと。 ただ、前例もなくはっきりとした因果関係も分からず、ホルモン投与の影響かどうかも分からない。 一般的な「汗疹」とも違うようです。 私の体はいったいどうなってしまったのだろうか? 本当はお仕事をお休みして養生しなければいけないのだが、 私の経済状態がお仕事をお休みすることを許さない状況にある。 昨年までの活動で出来た借入金の返済、 ftmGIDの方の保証人になっていたがこの方が行方不明のため私が弁済しなければいけない、 さらには生活費と医療費etc 体をかばいながらお仕事を頑張ろう!!
関連記事
05:15  |  未分類  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.27 (Wed)

井上堯之ライブにて

6月25日小樽BBCにて行われた井上堯之ライブに行ってきたよ。 最高に盛り上がったライブだったよ。 会場とステージが一体となって、もう興奮の坩堝よ!! ザスパイダース、PYG、井上堯之バンドと私の人生の中で色々な思い出と共にあった歌たち。 当時のことを思しながら・・・井上さんのライブを楽しませていただきました。 ライブ終了後も懇親会で楽しませていただきました。 写真は懇親会の時に撮した物です。 Royal Performance BBC(小樽BBC) http://www008.upp.so-net.ne.jp/bbc/ INOUETAKAYUKI.COM(井上堯之公式サイト) http://www.inouetakayuki.com/ 井上堯之 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%A0%AF%E4%B9%8B 井上堯之バンド  (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%A0%AF%E4%B9%8B%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89 PYG (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 移動: ナビゲーション, 検索 PYG(ピッグ)は、1971年に結成された日本のロックバンド。 「ザ・スパイダース」の井上堯之、大野克夫、「ザ・テンプターズ」の萩原健一、大口広司、「ザ・タイガース」岸部一徳、沢田研二で結成される。 http://ja.wikipedia.org/wiki/PYG 井上堯之INOUE66 LIVE IN HOKKAIDO!! 残りの北海道ツアーは以下 6月27日(水) 北見  ライブバー ヴィーナス         open19:00/start20:00         前売\3,500/当日\4,000  お問合せ:ヴィーナス tel.0157-61-0404       北見市北4条西3丁目1-1スズヤビルBF 6月29日(金) 旭川  アーリータイムズ         open19:00/start19:30         前売¥4,500/当日¥5,000  お問合せ:アーリータイムズ tel.0166-22-2461       旭川市2条3丁目左1 http://www.early-times.com/ 6月30日(土) 札幌  Bar inazo         札幌市中央区南3条東1丁目2条市場中小路         open/18:00/start19:00         料金¥5,000(残りわずか)    お問合せ:bar inazo TEL.011-219-2348 7月2日(月) 函館  水花月茶寮        函館市富岡町3-29-12        open19:00/start19:30        前売¥4,500/当日¥5,000(1ドリンク付)  お問合せ:0138-45-6737
関連記事
04:54  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.18 (Mon)

アウェアDV防止教育一般公開講座

転載・転送にご協力をお願いします。 束縛や暴力って愛?それはデートDVです 〜10代の子どもたちが健康な交際をするために学ぶ講座〜 デートDV防止教育先進地カリフォルニアの専門家に聞く(逐次通訳付き)  DVは大人だけの問題ではありません。若者の間でも起きています。交際相手にするので「デートDV」と呼びます。2001年「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」いわゆるDV防止法が制定され、DVは犯罪ということがはっきりとしました。しかし、結婚していない交際相手への暴力は含まれませんでした。しかし、2006年、内閣府が発表した調査でも、10歳代から20歳代の時、交際相手から「身体的暴力」「心理的攻撃」「性的強要」のいずれかをされたことがある女性は13,5%います。7人に1人の割合です。現在20代の女性に限ってみると22,8%に増えます。4人か5人に1人の割合です。「デートDV」は若者たちにとっても身近な問題といえます。しかも、若者たちは束縛することや暴力さえも「愛」だと勘違いしています。だからデートDVが起きていても、気づかないし離れられません。このようにデートDVの被害者や加害者、その親への対応は難しく、関わる人がデートDVについて深く理解していることが必要です。アウェアにもデートDVに関する様々な相談が寄せられます。そこで、アウェアが‘06年に実施したカルフォルニア研修での講師のおひとりである、バリー・レビイさんをお呼びして講座を開催します。デートDVとは何か、どうして起きるのか、一体どうしたらいいのかなど、基本的なことを学ぶ機会です。デートDVについて知りたい方、年頃の子どもを持つ方など、どなたでもご参加いただけます。 日時:2007年7月14日(土) 午後1時30分〜4時30分 会場:品川区立総合区民会館 きゅりあん大会議室 講師:バリー・レビイさん 対象:大人、若者、どなたでも 参加費:1,500円 主催・連絡先:アウェア お申し込み:アウェアホームページから http://www.aware.cn バリー・レビイさんのご紹介 カリフォルニア州DV被害者支援団体協議会の創設者であり元会長。DV被害者支援のためのトレーニング、性暴力被害者・DV被害者向け電話相談などにも長年中心的に関わる。性暴力、子どもへの性虐待、兄弟姉妹間での性暴力などを防ぐ教育プログラムの開発をする。カウンセラーとしての臨床経験は30年に及び、大人・青少年とその家族が、一般的暴力、子どものときに受けた性的暴力、DV、デートレイプ、セクシャル・ハラスメントなどによるトラウマからの回復をするための支援専門家として活躍中。「デイティング・バイオレンス」「デートDVについて親が知っているべきこと」をはじめ著書多数。テレビ出演も多く、DVの専門家・トレーナーとして全米に知られている。またカリフォルニア大学で25年女性学を教えている。
関連記事
07:40  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.08 (Fri)

「夫は女だ」と、二人を逮捕

愛奈美は日本に生まれて幸せだと思う。 少なくとも性同一性障害という理由で逮捕されたり拘束されないで済むわ。 世界の国のかでは、 性同一性障害という理由でフーリガンに殺害されたり、 権力によって逮捕、拘束・科刑されてしまう国もある。 愛奈美のブログをお読みの皆様のなかで、 お心がある方は下記の転載メールにご賛同くだされば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 以下、転載歓迎です。 ====================== メールを送って、二人を解放へ! 強制的に結婚/離婚されることのない世界、人を愛することが 違法にならない世界へ! 先月、パキスタンで、夫婦が拘束されました。夫が、性別移行 している(トランスセクシュアル)だったからです。 http://gayjapannews.com/info/20070603IGLHRC.htm 裁判所は「夫は女だ」と、二人を逮捕。現時点で3年の禁固刑 と罰金だそうな。パキスタンでは、過去に鞭打ちの刑にされた 人たちもいるようです。釈放のためには、裁判で勝たなければ ならないが、そのためには多くの声が必要みたいです。 彼らと連絡をとっているニガッド・サイド・カーンさんへ、二 人を応援しているとメールを送ろう!以下のメールのコピペで もOKです!英文でメールを送ってほしいそうです。 (あて先:nskhan46@yahoo.com) また、IGLHRCという国際人権団体が今回のメールアクション呼 びかけを行っていますが、メールを送るときに転送で知らせて ほしいみたいです。 こちらはgpoore@iglhrc.org ================== 件名:Support for Ms. Tariq and Mr. Raji 本文: Dear Ms. Tariq and Mr. Raji Hello. I’ve come to know what happened to you two. I’m really sorry to hear it. I’d like to send you my letter of support because I believe you two are not guilty at all. Please keep in mind that my heart of support is there with you. I hope and believe that the Supreme Court will find you not guilty and you will be released soon. Sincerely yours, (あなたのお名前) (国名(Japan)) =============
関連記事
20:20  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT